住宅 リフォーム 集合住宅 施設
House Reform Apartment H.
Facilities
細長敷地の住宅プラン 二世帯住宅、多世帯住宅 土間、土壁、縁側 一級建築士事務所
株式会社ユミラ建築設計室
Tel 03-5452-8155

細長敷地の
住宅プラン
二世帯住宅
多世帯住宅
賃貸併用住宅
の考え方
土間(三和土)/土壁
縁側づくり
 ユミラ建築設計室

賃貸併用住宅の考え方


賃貸併用住宅は、敷地条件により3つのタイプのつくり方が考えられます。
賃貸住宅との間に適当な間合いをとり、プライバシーを確保し、遮音に気をつける事が大切です。

1.最上階に住む

・周辺が建て込んでいる敷地に適しています。
・上階での日当り(明るさ)を大切にした住まいです。
・タウンハウス(長屋形式)の簡易なつくりが可能です。

 賃貸併用住宅 1の例



 2,3階ー二世帯住宅
 1階 ー賃貸住宅
 3階 ー住宅
 1,2階ー賃貸住宅
 3階 ー住宅
 1〜3階ー賃貸住宅
 RC造  RC造+S造  RC造


2.接地階(1階)に住む  賃貸は、上階に
  
・建ぺい率の低い地域に適しています。
・住宅と地上の庭を一体的にできます。
・賃貸住宅は、空に向かって開放します。

 賃貸併用住宅2の例
 3階 ー賃貸住宅
 1,2階ー住宅
 1,2階ー賃貸住宅
  1階 ー住宅
 RC造  RC造


3.接地階(1階)に住む   賃貸は、並列に

・建ぺい率の低い地域に適しています。
・住宅と地上の庭を一体的にできます。

 賃貸併用住宅3の例
 1,2階ー住宅
  1,2階ー賃貸住宅
 木造

自宅の建物の中に賃貸スペースをつくると家賃収入を見込めます。賃貸併用にすれば建築費用は多くかかるものの、家賃収入により月々のローンなど返済額は通常より安く抑えることができます。場所によっては20坪くらいの小規模の土地でも有効です。