住宅 リフォーム 集合住宅 施設
House Reform Apartment H.
Facilities
Y-House 下北沢 庭と一つになる家 緑化住宅

□設計概要

所在地 東京都世田谷区北沢
地区地域 第一種低層住居専用地域
第1種高度地区
準防火地域
建ぺい率 50%
容積率 150%
敷地面積
264m2 80坪
建築面積
113m2
延床面積
308m2 93坪
構造 RC造薄肉ラーメン工法
階数 3階(地下1階)
家族構成 夫婦2人+子供1人
外部仕上
屋根 ガルバリウム鋼板縦葺き
外壁 コンクリート打放し
建具 ALサッシ+複層ガラス

>雑誌紹介>
>設計/工事記録

□ コンセプト

庭と建物が一つになって広い自然の空間が得られるようにした家です。厚さ30cmのコンクリートの壁と床だけで構成するシンプルなBOX型の形状で構成しました。その結果庭に面する部分は全て開口とすることが出来ました。厚い壁は遮音の向上と蓄熱に役立ちます。外壁はブルータルな仕上げのため、またローコスト化をはかることをかねて、コンクリート型枠に再利用のベニヤ板をつかいました。保存しておいた旧家屋のドアや壁板なども使っています。始めから古さをもつ建物をめざしました。建物の庇状になっているバルコニーの下は雨が直接降らないので植物が育ちづらい場所です。そうした建物に沿った場所に池を設けました。防犯の役に立ちまた、スイレンを浮かべ、金魚が住む小さなビオトープになりました。太陽の光が水面に反射して室内の奥まで達します。奥の部屋も明るくなり、視覚的にも断熱効果上もとても役立つものとなりました。


玄関は南入りとし庭が中心の生活空間をつくる。

3階に賃貸住宅とゲストルームをつくり、二世帯住宅に変更できるなど将来の生活の変化に対応できるようにする。
南外観
南の庭に面し部分は全て開口部とし、庭と建物とが一体の空間をつくる。
庭から3階の様子が見えないつくりを考慮する。


南入りの玄関



池には睡蓮を浮かべる
南側エントランスと池
水面に反射した光が部屋の奥まで明るくする。




庭にやってくる鳥


猫も楽しめます

玄関扉は両開き
物の出し入れにも便利です。
南入り玄関
庭に面して玄関があると庭を楽しめます。

玄関と庭










南入り玄関
大きくオープンにして庭の緑を呼び込む。池に反射した光が白い天井に水の波紋を映します。


参考とした事例
Parisの下水道のコンクリート
東外観
コンクリートは再利用の型枠を使用してわざと荒々しい仕上とした。
ザックリとした岩のような質感をめざした。。

玄関ホールと庭
壁天井に展示物を固定するためのインサートをしこみました。


工事中に出来たコンクリート面のPコン穴は中に固定用のネジがあるので穴埋めせず、そのまま残しました。コンクリート面のどこでも吊り金具をセットできます。

天井インサート
天井のコンクリート全面に90cm間隔でものを吊るす時に役立つインサートをセットしてコンクリートを打設しました。



金具をつけて棚など吊ることが出来ます。利用しなくても存在が気になりません。




棚受けフレームに板を架け渡し自由な高さの棚をつくる。
玄関ホール
玄関は吹抜けのある家で一番広いスペースとしている。絵画彫刻を展示するギャラリーとしてつくりました。

2階展示スペース
吹抜けスペースをはさんで反対側の部屋(アトリエ)越しに庭を望む。


リビングと庭





天井に水面の反射光が模様をつくります。
リビングより庭をみる。
全面がサッシなので庭と一体になります。


リビングを取巻く池。
睡蓮を浮かべて沢山のメダカや金魚が泳ぎます。

リビングより庭をみる。
手前の池の水面に日光が反射して室内を明るくします。

食事室とキッチン

木の4連のスライドドア
欄間も同じ形式に開閉できる。




台所食事室とリビング。
可動式の木のスライドドアと4連のスチール戸で部屋の広さと開放度を調節する。

キッチン
壁は旧家屋再利用のラワン板材

木組みのフレームの中のガラススクリーンのある浴室。


ブラジル製の濃紺の手づくりタイル
4連のスチールスライドドア
空間の広さを調節できる。


室内

廊下いっぱいの本棚
2階寝室1
壁にハンガー金物用の受材を埋め込み、自由な場所に棚がつくれるようにした。






模型写真



ワイヤーにからむアサガオ
2階まで育ちます。




ワイヤーにからむ緑
北側外観
専用のアプローチ階段をもつ。階段廻りのフレームにワイヤーを取付けジャスミンなどのつる植物を植える。








2階の部屋より3階のゲストルームにつながる秘密の階段をつけました。


3階ゲストルーム

2階より直接階段でつながる
3階には開閉扉をつけてあります。


屋根面のトップライト
単独で生活できる玄関やキッチン/浴室などの設備があります。将来2世帯住居として利用したり、賃貸として利用することも出来るようにしました。

最上階であることを利用して、天井の高い室内です。

明るい白いタイルの浴室


部屋の中も観葉植物で庭のようになりました。


 atelier YUMIRA ユミラ建築設計室WORK LIST