住宅 リフォーム 集合住宅 施設
House Reform Apartment H.
Facilities  ユミラ建築設計室 

小敷地の集合住宅

住戸プランの工夫で難敷地を克服する
クオリティーの高い住空間を追求する

戸建て住宅には十分の広さであるが、集合住宅には難しい都心部の狭小敷地に集合住宅を計画した例を紹介します。
都心回帰、住環境にこだわる住み手の増加にともなって都心居住のニーズが高まっています。敷地が旗竿状であったり、袋小路にあったり、細長かったり、狭小敷地ならではの問題がありますが、色々な視点から計画することで難敷地だからこそ魅力的な住空間が生れる可能性があります。事業性を考慮しながらクオリティーの高い集合住宅ができます。

袋小路にある敷地
工事の施工上の問題が出てくるのでRC造、
鉄骨造など、どの構造が敵性か検討します。
当事務所で計画したいくつかの例を紹介します。

例1 敷地面積55m2  5m x 11m 
   商業地の極小の土地 
 
   
場所
横浜市神奈川区
地区地域
商業地域、準防火地域
建蔽率80%、容積率400%
敷地面積
55m2
延床面積
200m2
賃貸床面積
160m2
住戸7戸+店鋪1
住戸タイプ
ワンルーム 16.5m2
構造/規模 5階建て(5階部ロフト)RC造
事業費
5700万円(工事費+設計料など)
工事費85万円/坪、全額銀行融資
収入
5.5万円/住戸(ワンルーム)
650万円/年
1階(店鋪)
2階(住戸)
断面図
基準階(住戸)
街なかのワンルームマンション(5坪)
1階は店鋪用につくる

例2 敷地面積150m2
   袋小路の最も奥

>詳細説明
場所
東京都渋谷区
地区地域
第1種住居地域、準防火地域
建蔽率60%、容積率160%
敷地面積
152m2
延床面積
250m2
賃貸床面積
230m2
住戸4戸
住戸タイプ
1LDK 57m2
構造/規模 3階建(RC造薄肉ラーメン構造)
工事費
6000万円
収入
賃料20万円/戸
広い土間スペースのある自由な間取り
住戸D
住戸C
住戸B
住戸A
打放しコンクリートとガラスで仕上げる。
住人が自分の空間をつくるしかけを設ける。


例3 敷地面積240m2
   細い道路に面する敷地
  (集合住宅+オーナー住宅)


場所
東京都大田区
地区地域
第1種低層住居地域、準防火地域
建蔽率50%、容積率100%
敷地面積
240m2
延床面積
323m2
賃貸床面積
230m2(+オーナー住宅93m2)
住戸4戸 +オーナー邸
住戸タイプ
1LDK43m2〜2LDK65m2
構造/規模 半地下+2階建(RC造薄肉ラーメン)
工事費
8000万円
(賃貸部5700万円、住宅部2300万円)
収入
賃料13〜19万円/戸

1階平面図
地階(半地下)
道路が坂道になっていて敷地が道路より
高く、土地の高低差を利用して半地下を
つくる。(容積率に含まない)
基準法上のボーナスです。

自由テラス
のある間取り

2階平面図

例4 敷地面積150m2 路地状敷地
(賃貸住宅+オーナー住宅)


場所
東京都渋谷区
地区地域
第1種低層住居地域 準防火地域
建蔽率50% 容積率150%
敷地面積
150m2
延床面積
150m2
賃貸床面積
53m2
+オーナー住宅97m2)
住戸1戸 +オーナー邸
住戸タイプ
2LDK
構造/規模 2階建(軽量鉄骨)
工事費
3500万円
収入
賃料16万円/戸
タウンハウス形式で住宅と賃貸住宅をつくる。
賃貸住宅部は 将来
2世帯住宅として利用できる

2階平面図
1階平面図

例5 敷地面積400m2
   住宅密集地の角地
  (集合住宅+オーナー住宅)


>詳細説明
場所
横浜市緑区
地区地域
第1種低層住居地域、準防火地域
建蔽率60%、容積率100%
敷地面積
420m2
延床面積
434m2
賃貸床面積
310m2(+オーナー住宅124m2)
住戸14戸 +オーナー邸
住戸タイプ
1DK 21m2
構造/規模 3階建(RC造+オ−ナ−邸 鉄骨造)
工事費
12500万円
(賃貸部8500万円、住宅部4000万円)
全額銀行融資
収入
賃料7.5万円/戸
1〜2階 ワンルームマンション
3階にオーナー邸をつくる
マンション上部の屋根は広い屋上テラスとなる


屋上庭園
オーナー邸
マンション室内